せどりにバーコードリーダーを活用しよう!

独立興味ある方にはせどりは有力な選択肢となりますあ、せどりを始めるときバーコードリーダーを導入すべきかどうかで迷ってる方が多いです。そして、バーコードリーダーを使うメリットなど解説しますが、せどりするときまず店舗回って商材しいれることなりますが、店内並んでる商品のうちどれが必要か選別するのにネットを用いて手作業でリサーチするのはあまりにも手間となります。そこでそれを軽減するため活用されてるのがせどり用バーコードリーダーなのです。せどり用バーコードリーダーは本など仕入れをする時使用され、それぞれの商品ついてるバーコード読み取れます。そしてあらかじめスマホと接続してみれば読み取った情報スマホへ飛ばせるのです。また赤外線ビームを利用してバーコード読み取ることで、こうしたせどりの手法をビームせどりといいます。せどり用バーコードリーダーの種類はmsシリーズ、kdcシリーズ2つがあって、msシリーズの最大の特徴は安さです。そして初期コスト余りかけたくなければ、これが有力候補です。また接続が簡単で利便性高さも申し分なくて、読み込み速度とても早くてたくさんの商品バーコードを素早く読み取りたいなどのときにもってこいです。ですが、kcdシリーズと比較して、ビーム線が太く読み取り感度劣る面があります。kdcシリーズの代表機種として挙げられるのはkdc20、kdc200ですが、200のほうが上位版で、msシリーズに比べて価格高いですが、ビームの線細くバーコード読み取る精度優れています。さらにある程度距離離れてても読み取りでき、ショーケース中に入ってる商品リサーチするなどといったこともできます。そして、手の中すっぽりおさまって店舗内で商品チェックしても目立たないのがよいところ。いろんな局面に対応できるのが欲しければこのシリーズが有力選択肢となります。また、店舗に行く前にバーコードリーダーあらかじめスマホに接続します。そして目的の店舗いってリサーチしたい商品のバーコードをリーダーを利用して読み込んでいきます。また、操作法ですが、特定のボタン押し照射された赤色の光バーコードに合わせるだけです。すると一瞬でバーコードの数字読み取ってくれて、この方法は店のスタッフが検品するとき売り場の端から端まで全商品バーコードを読み取る全頭検査と呼ぶ手法と一緒です。そのためひごろからこの検査してる店舗ですると目立ちやすいデメリットがあります。バーコードリーダーはブルートゥースといった無線規格が内蔵されていて、その機能で読み込んだデータは自動的にスマホに送信されます。

未分類

Posted by admin